展示案内 - 大西清右衛門美術館
本文へスキップ

公益財団法人 京釜文化振興財団

京都・三条釜座 大西家

「茶の湯釜」の伝統と技を守り続ける 千家十職の釜師

大西清右衛門美術館 令和四年春季展

 茶の湯釜、その魅力 


茶会を催すことを「懸釜」あるいは「在釜」と言うように、釜は茶の湯の要となる道具です。

寸法や形式に制約の多い茶道具の中にあって、釜は大きさも姿も多種多様、変化に富む意匠が見られます。

本展では、文様、蓋、鐶付、羽落ちや口作りなど、さまざまな釜の見所を紹介。

茶室では、碧水春光の季にふさわしい取り合せも展覧致します。

会期
令和4年4月1日(金)- 6月30日(木)
時間
午前10時-午後4時30分(入館は4時まで)
休館日
毎週月曜日(祝日にあたる日は翌日)
※5月1日(日)、2日(月)、3日(火)は休館日となります
入館料
呈茶付 1,600円
※感染予防措置等に伴い、臨時休館する場合がございます
お電話(075-221-2881)にてご確認下さい

バナースペース

大西清右衛門美術館

〒604-8241
京都市中京区三条通新町西入る釜座町18-1

TEL 075-221-2881
FAX 075-211-0316
E-mail

開館時間:
午前10時~午後4時30分
(入館は午後4時まで)

休館日:
毎週月曜日(祝日にあたる日は翌日)/ 展示替期間 /年末年始

詳しくは展示案内をご覧ください。